[お知らせ]記事一覧および記事タイトル部分においてコメント数を表示できるようにしました(2024/03/29)

【WordPress】安定したサービスに定評のある「エックスサーバー」が贈るテーマ「XWRITE」

広告あり
はじめに

この記事では、WordPressテーマ「XWRITE」について、実際に利用した感想を簡単にまとめています。なお、当ブログも「XWRITE」を使用しております(記事公開時点)。

なお、上記スクリーンショットは公式サイトのトップページからのものです。

テーマの概要

XWRITE」は、レンタルサーバー業者「エックスサーバー」が提供しているWordPressテーマです。

料金

以前は試用も兼ねて無料でしたが、2023年9月28日より、サブスク型および買い切り型のライセンス販売が始まっています。

  • 月額:990円
  • 年額:9,900円
  • 買い切り:19,800円1

提供元の「エックスサーバー」について

今年で25周年を迎える「エックスサーバー」は、WordPressに最適化されているサーバー環境を提供していることでも知られています。また、安定した環境を提供し続けていることから利用者の評価が高く、個人・法人を問わず多くの利用者がいるということです。

また、「エックスサーバー」は会社独自のWordPress設定コンテンツを用意しており、こちらのテーマも含め、会社をあげてWordPress利用者の支援を行っていることがうかがえます。

テーマの紹介(公式サイトより)

公式サイトからの抜粋

XWRITE(エックスライト)は、誰でも簡単に使えるWordPressテーマです。
テーマをインストールすることで、さまざまな機能を利用できるようになり
専門的な知識がなくても手軽にブログを作成できます。

ブログに最適なWordPressテーマ XWRITE(エックスライト)

使ってみた感想

総評

評価点 (4.0 / 5.0)

経歴が浅い分、機能的には他のテーマに見劣りする部分も少なくありませんが、良い意味での無難さとサポートの手厚さは魅力です。これからの発展にも期待できるでしょう。

良いところ

全体の安定感は素晴らしいと思います。運営に支障が出るほどの致命的なエラーも起こることがありませんし、サポートも丁寧に行ってくださっています。サービス運営実績が長く、WordPressにも力を入れているエックスサーバー社だからこそできるものと思います。

お値段についてはWordPressテーマとしてはそこそこのお値段ではありますが、サポートの手厚さを買うものと考えますと決して高くはありません。それでも不安な方は、月額プランで1ヶ月か2ヶ月試した後に買い切りに踏み切る、などの選択をしても良いでしょう。

テーマそのものについても、目立った欠点もなくて運営にも手間を取らず、設定も比較的早く進められるなど、「誰でも簡単に使える」のうたい文句通りと言えるのではないでしょうか。

アップデートも定期的に行われており、1週間に1度か2度行ってくださっています。不具合への対応も手早く行ってくださいますし、WordPressの自動アップデートにも対応してくださっているので、更新もスピーディです。

昨年9月の提供開始に比べると機能も大幅に増強されており、ユーザーへのご要望にも真摯かつ丁寧に応対されている印象です。本当に便利になってきておりますし、これからの進化は十分期待できると思います。

最近になって「PCとモバイル端末で見栄え(内容)をはっきりと差し替えられる」機能2が実装されるなど、基本的には全てのユーザー(閲覧者・管理者問わず)に対してフレンドリーな立場のテーマです。色々な端末で見られることを想定したブログの運営ができる、まさに今時のWordPressテーマと言えるでしょう。

いまいちなところ

先行のテーマと比べると、やはり見劣り感はあります。経歴が浅い分、他の優秀なテーマ(有償・無償を問わず)と比べると、まだまだ全体的には機能が少ないのではないか、と思うこともしばしばです。

見栄え(デザインスキン)の選択肢が少なく、いずれも無難な見た目のため、凝ったサイトを作るのには少々時間がかかります。今後、スキン配布の取り組みなどもあれば、もっと良くなると思います。

専用の子テーマは付属していないため、必要時には自分で作成する必要があります。そのため、ヘビーユーザーにとっては不満かもしれません。

「エックスサーバー」のサービス利用者に対しては、無料試用期間の延長などで対応くださるようです。そのため、他サーバーの利用者にとっては不公平感があるかもしれません(ただ、もともとエックスサーバー社の提供しているテーマなので、この辺りは致し方ないと言えるでしょう)。

利用の際には「ユーザー専用サイト」にあらかじめ登録する必要がありますので、そこが負担に感じる方もいるかもしれません。

何よりもまず、比較的若いテーマのため、他のテーマに比べて第三者による情報提供が少なく、「XWRITE」主体のサイトを作りづらい印象です。幸い純日本製のテーマなので(当たり前ですが)、公式マニュアルをご覧になれば大体のことは解決できるでしょう。

【関連】無料テーマ「Cocoon」について

エックスサーバー社は、2022年9月、無料のWordPressテーマとして著名な「Cocoon」の開発者との間で業務提携契約を締結しております。ちょうど「XWRITE」が試用提供開始される前後の話です。

「Cocoon」は「XWRITE」よりも歴史が長く、無料ということもあって利用者も桁違いに多いです。しかも、無料でありながら有償テーマに匹敵するほどの機能を備えており、著名なテーマの制作者も言及せずにはいられないほどの素晴らしいテーマです。

そんな「Cocoon」ですが、今のところはXWRITEとしっかり差別化されている印象です。XWRITEが主に安定性で勝負している一方で、「Cocoon」については機能の豊富さと敷居の低さがメインとなっている印象です。

もちろん無料テーマということもあって限界はあるのですが、今やエックスサーバーの管理下にありますので、安心感も以前より増したと言えるのではないでしょうか。「XWRITEの兄貴分」として、弟分ともども、これからも存在感を放ってほしいものです。

脚注

  1. 2024年3月28日までは割引中です! → 買い切りプラン早期購入割引キャンペーン《5,000円オフ》 – XWRITE(エックスライト) ↩︎
  2. ブロックをデバイス別に表示する – XWRITE(エックスライト) ↩︎

URLをコピーしました!