【写真】姫新線(兵庫県内)にまつわる列車(国鉄47系気動車、JR西日本127系気動車)

2019年12月5日鉄道JR西日本,兵庫県姫路市

この記事では、姫新線(上月・佐用から姫路まで)を走っている(走っていた)列車の写真を少しだけ紹介する。

 

国鉄47系気動車(播磨新宮駅にて)

播磨新宮駅に停車している国鉄47系気動車(2008年撮影)

まずは車両置き換え前のものから。

姫路から佐用、津山を経由して新見までを結んでいる「姫新線」のうち、西播磨区域においては、2000年代後半に高速化事業が行われていた。この事業が完遂する前までは、この47系を中心とした運用がなされていた。

かつて岡山支社管内で見られていた「カフェオレ色」とはまた違った味のカラーリングで、姫新線のラインカラーでもある朱色をベースとしたものとなっている。

この車両は、以下に紹介するJR西日本122系気動車、および127系気動車の順次投入にともなって、この車両は同区間からは姿を消すこととなる。

 

JR西日本127系気動車(上月駅にて)

上月駅にて停車(滞泊)中のJR西日本127系気動車(2011年撮影)

2009年3月以降、姫新線(西播磨区域内)の高速化事業とともに順次投入されていった車両。今や姫新線を走る「顔」の一つとして、地域に貢献している真っ最中だ。

沿線においては、姫路市やたつの市を中心に利用客が増えているので、この高速化事業および新車投入は、大成功と言って良いだろう。

姫新線専用の車両であることが分かるようにと、側面にはロゴマークまで描かれている。トンボが飛んでいる様子をイメージしたもので、沿線地域ならではというところか。

JR西日本127系気動車に描かれている姫新線専用のロゴマーク(2011年撮影)

 

姫新線には長いこと乗っていないけれども、いつかまた、再乗車することができれば良いかな、なんて思っていたりもする。

Posted by 稲葉 大和