「TOEIC L&R」2022年7月24日(午前)受験分の結果
「TOEIC L&R」2022年7月24日(午前)受験分の結果

記事タイトルの通り、「TOEIC Listening & Reading」(TOEIC L&R)を今年の7月24日の午前中に受けてまいりました。この記事では、試験の結果とともに、反省点について簡単に述べることといたします。

試験結果

結果は冒頭の画像の通りですが、もう一度以下にまとめておきます。

  • 合計点:830点
  • Listening(リスニング):385点
  • Reading(リーディング):445点

前回(2021年12月午前受験分)との比較

  • リスニングは395点から10点減。
  • リーディングは460点から15点減。
  • 合計で、855点から25点の減少となりました。

前回の結果に関しては以下の記事もご覧ください。

反省点

試験日程についてブランクが出来てしまったこと、その間にまとまった勉強を行うことができなかったのは大きな反省材料だと考えています。英語の勉強をしっかり継続していくとともに、試験そのものも定期的に受けて形式に慣れるようにしておかないと、900点越えは難しいですね。丸暗記がダメなのは言うまでもありませんが、かといって頭だけでどうにかなるものでもない、ということを改めて思い知らされました。

ただ、受験後の感覚に比べると、思ったほど悪くなかったというのも事実です。特に、点数が上がりにくいとされるリーディングにおいて400点越えを維持できたのは、日頃培っている実力の賜物である、と素直に受け取りたいところです(その分、依然として400点に達していないリスニングをもう少し頑張らないといけませんが)。今後、さらに実力と実績とを積み重ねていけるともっと良くなるのですが、ね。

色々語ってみたところで、点数がいくらかでも減少してしまったのは事実なので、今回は短めにしておきます。また次の試験以降にしっかり結果を出すため、これからも頑張っていきたい所存です。

今後のタスク

とりあえず、経験不足を埋めるためにも、今年10月にも「TOEIC L&R」を受ける予定です。それまでに問題を2セットくらい取り組むなどして、知らない部分や慣れない分野を少しでも減らしていこうと考えています。ただ、あまり難しくは考えず、積極的に学びに行く姿勢で続けられたら良いというところ、ですね。

とはいうものの、欲張って消化不良に陥ると元も子もありませんし、何より日常生活や自身の健康にまで支障を来すのもよろしくありません。無理をしない程度に、コツコツと積み重ねていきたいところです。