店頭での販売状況(イオン松江SC店)

ヴィレッジヴァンガードの実店舗「イオン松江SC店」においては、5月のGW明けに訪れてみたところ、当該の商品が販売されていることを確認した。ポストカードのコレクションホルダーは見当たらなかったものの、その他の商品の取扱は確認している。

それにしても、ステッカー(写真上部)がこんなに大きいとは思わなかった。1,320円(税込)という値段からして、多少大きいであろうことは覚悟していたものの、これはとんでもないものと言わざるを得ない。

予約購入したステッカーたち、実際に届くのが楽しみである(白目)。

余談(店頭POPから)

ポケモンのご当地マンホールですって!?
あ、島根はないのね…

お隣の鳥取県にならあるのだけれどもね……。出雲や松江にも設置されないものかな。

購入報告

とりあえず、「岩手県」「宮城県」「香川県」のポストカードとラバーキーホルダーをそれぞれ1点ずつ購入することとした。以下の写真の通り、パッケージは銀一色で、中身が見えないようになっている。

そして、どこの地域の商品であるか、パッと見では分からないのも少々痛い。実店舗で買う際には、間違えないように気をつけよう。

ポストカード

今回入っていたのは、「岩手県久慈市」設置分「宮城県松島町」設置分「香川県土庄町」設置分の3つ。

ほどほどの大きさであり、無地のフォトフレーム等に入れて眺めるのも良いかもしれない。一方、完全な丸形というところから、実用には向かない。

「ポケふた」ポストカード:岩手県久慈市設置分
「ポケふた」ポストカード:宮城県松島町設置分
「ポケふた」ポストカード:香川県土庄町設置分

ラバーキーホルダー

今回入っていたのは、「岩手県釜石市」設置分「宮城県亘理町」設置分「香川県多度津町」設置分の3つ。

一般的なラバーキーホルダーと同程度の大きさで、実用性もバッチリである。

特記事項

上に掲載した写真を見ればお分かりとは思うが、今回の商品には「ポケふた」の情報を閲覧できるQRコードがそれぞれに添付されている。自分の入手した商品がどこに設置されているものなのかがすぐに分かるようになっているのも、この企画商品の魅力の1つだろう。

「いちごいちえ」は、「ポケモンローカルActs」およびポケモンマンホール「ポケふた」を応援しています。

関連記事

参考(外部サイト)