「MacBook Air」のM1搭載モデルを購入しました

2021年7月22日PC類・アプリApple,Mac,MacBook

MacBook Air(M1搭載)のイメージ画像
2020年11月発売の「MacBook Air」(M1搭載モデル)のイメージ(Apple公式ページより)

Appleの技術力は伊達ではありませんでした。

概要

2020年11月中旬にリリースされた最新型「MacBook Air」を、今更ながら購入いたしました。CPUがIntel製からApple独自のものに切り替わったということで大きな話題になったのは記憶に新しいですね。

私自身も発表当初から気になってはおりました。ただ、既に同年3月発売のモデル(Intel製CPU搭載機)を所有していたのと、M1に対応したアプリが出揃い安定した動作が期待できるのを待ちたかったのとで、購入がかなり遅くなってしまいました。

購入当初は、使用感について期待と不安とが半々でした。しかし、いざ使い続けてみると、事前に抱いていた諸々の不安が払拭されるほどには出来が良く、Appleの技術力の高さに改めて驚嘆せざるを得なかったのですね。

今回の購入機スペック

  • CPU:Apple M1 8コアCPU(従来機:Core i7)
  • GPU:Apple M1 8コアGPU(従来機:Intel Iris Plus)
  • メモリ:16GB(従来機:16GB)
  • ストレージ:512GB(従来機:512GB)

使ってみた感想

具体的な機能や凄さについては既に大手のメディアやブロガーなどが報じている通りなので、今更この記事で取り上げることはしません。使用感や気になったことを簡単に列挙するにとどめておきます。

  • CPUが変わったところで、動作に大きな支障を来すというところは、今のところは全然ありません。本当に快適に動いております(OSアップデートなどにより、目立ったバグがなくなってきているからでもあるのでしょうが)。
  • GPUの凄さに関しては、正直よく分かりません。動画編集やらゲームやらをバリバリやる人間ならば恩恵を受けることになるのでしょう。一方、ブログやSNS、文書作成などのために利用するだけの人にとっては、7コアだろうが8コアだろうがあまり大差ないように思います。
  • エネルギーの利用効率が全体的に良くなっているというのは謳い文句通り。Intel版と比べても明らかにバッテリーの持ちが良くなりました。作業内容にもよりますが、文書作成だけでしたら、出先でバッテリー切れの心配をすることはほぼなくなったと言って良いでしょう。
  • ファンレスになったということもあり、発熱が感じられる頻度も飛躍的に少なくなっているように思います。ただ、負荷の高いときにどうなるか(あるいは猛暑とどろく夏場をしのげるか)は気になるところで、現時点では答えは出せません。
  • 現時点では、従来のMac用アプリに加え、一部のiOS(iPadOS)アプリが使えるようになっているというだけにとどまっており、アプリに関してはあまり大きな期待はしない方が良いと思います。「iOSのアプリがついでに使えればラッキー」くらいの気持ちで。
  • キーボードにも若干の改変が加えられているのですが、打鍵感に関してはIntel版の方が好みです(大差ないように感じられますが、長時間打つとなると違いが出てきます)。
  • ホットキーに関して言えば、キーボードのバックライトの輝度調整が廃され、その代わりに「おやすみモード移行」「音声入力」ができるようになりました。これに関しては改良だと思っています(当方、キーボードのバックライトを使うのはほとんどないもので)。
  • 全体的に見た目重視なのは相変わらずで、他社のノートパソコンと比べてポートの数が極端に少ない1)のは我慢しないといけないところでしょうか。バリバリ使おうと思ったら、外付けハードウェア(Thunderbolt3対応のハブなど)の導入が必須になるでしょう。

今後に関して

Macの全モデルのCPUがIntel製からApple独自のものに順次切り替わっていくことは、既に皆さんもご存じのことかと思います。ですから、今後、27インチのiMacや16インチのMacBook Pro、あるいはMac Proにも、Apple社製のCPUが搭載されることになるのでしょう。

ただ、既にM1モデル発売済みのMac miniについて、Intel製CPU搭載の旧モデルが未だに新品で購入できることを考えると、現時点では完全移行しているとはとても言いがたいです。ハードやソフトの対応状況のこともありますし、機能の優劣こそあれど、旧モデルにももうしばらくは目が向けられることになるかと思います。

私自身、やりたいことが全然できなくなったわけではありませんし、MacBook Airの旧モデルは当分の間使い続けようと思っています。ただ、OSのアップデートが提供されなくなった折には、改めて使い道を考えないといけないことになるでしょう。

関連記事

脚注

脚注
1 「Thunderbolt 3 / USB-4」ポートが2つ、ステレオイヤホンジャックが1つ。

Posted by Y. INABA