【感想】習慣づけアプリの定番「Streaks」のmacOS版

2020年7月20日PC類・アプリApple,macOS,Mac,感想,アプリ

macOS版「Streaks」商品ページのスクリーンショット(「Mac App Store」から)
macOS版「Streaks」商品ページのスクリーンショット(「Mac App Store」から)

この記事では、macOS版「Streaks」について簡単に記している。

 

概要

「Streaks」は習慣づけのできるiOS用アプリとして既に定番モノであったところ、今年の2月中旬にmacOS版がリリースされることとなった。価格はiOS版と同じく610円(2020/07/20現在)。

macOS版の機能はiOS版とほぼ同等で、合計12項目まで習慣づけのトラッキングが可能。iCloudによる同期ももちろんできる。

なお、具体的な機能については、今更当ブログで扱うほどのものでもないので(定番モノのため調べればすぐに分かる)、ここでは割愛する。

 

所感

はっきり言って、macOS版は良くも悪くもiOS版のベタ移植である。すなわち、macOSならではの機能と言えるものはない、というものだ。

これについて、少々物足りなさも感じてはいる。それでも、余計な機能が追加されなくて良かったというものだし、パソコン上だからこその操作のしやすさを実現できているので、特に大きな不満を感じることはない。

ところで、競合アプリであるHabitifyと比べると、Streaksの方が操作が直感的で扱いやすいという面はある。ただ、上述の通り、Streaksは登録個数に制限があるので、課金で登録個数の制限を外せるHabitifyと差別化してみるのも良いだろう。

 

関連サイト(外部)

Posted by 稲葉 大和