5月29日より、松江市交通局と一畑バスの一般路線バス全線において交通系ICカードが利用可能に《松江市・出雲市》

2021年5月22日その他JR西日本,松江市,出雲市,島根県の話題,松江市交通局,一畑バス,交通系ICカード

松江や出雲の路線バスにおいてICOCA等が利用可能になることを告知するポスター(JR出雲市駅にて)
松江や出雲の路線バスにおいてICOCA等が利用可能になることを告知するポスター(JR出雲市駅にて)

概要

先月(2021年4月)の28日、松江市を走る「レイクラインバス」において、ICOCAなどの交通系ICカードが利用可能になりました。このことは、既に当ブログでも記事にしております。

それに加え、松江市交通局一畑バスが運行する一般路線バス全線において、今月(同年5月)29日より、同様のサービスが利用可能になる予定となっています。

JR西日本などより、今月21日付でサービスの詳細が発表されましたので、そのことについて簡単に記すこととします。

利用方法

交通系ICカードの利用方法については、松江市交通局や一畑バスが以下の資料にまとめているものを参照ください(なお、島根県外の路線バス車両に搭載されているのとほぼ同じ形式です)。

利用対象路線

以下の路線について、5月29日(土)より交通系ICカードが利用可能となります。

  • 松江市交通局の運行便(全線)
  • 一畑バスの松江管内・出雲管内運行便(全線)
  • 一畑バスの隠岐汽船連絡バス

利用可能サービス

現在発表されている限りでは、以下のサービスが利用可能となるそうです。

  • バス車内での現金によるチャージが可能となります。(1,000円札のみ、残額10,001円以上となるチャージは不可)
  • バス業者の営業窓口等でのチャージが可能となります。(残額20,001円以上となるチャージは不可)
  • バス業者の営業窓口等でのICOCAの販売や払戻が可能となります。(条件あり、各業者にお尋ねください)
  • 乗り継ぎ割引の適用対象となります。(ICOCAのみ
  • 1ヶ月の利用金額の1%がICOCAポイントとして貯まります。(ICOCAのみ、業者ごとの算定となりますのでご注意ください)

私見

導入そのものについては、以前に書いたもの(上述の記事)と変わりはありませんので、そちらを参照くだされば幸いです。

ただ、今回発表されたリリースを見て実感したのが、他県(少なくとも岡山、広島、香川)の街中を走る路線バス・路面電車に比べて、ずいぶん手厚いサービスだということです。これは今夏に導入予定のICOCA定期券についても同じことが言えますね。

どういうことかと言いますと、岡山や広島などでは、地域独自のICカードを作って、そちらの利用者を優遇する措置を取っています。岡山で言えばHareca、広島ではPaspy、香川だとIruCaですね。それぞれのカードについて利用可能なサービスは異なりますが、「利用者が何らかの特典を受けられる」という点では同じです。

これらの独自ICカードが利用可能となっているエリアでは、ICOCAをはじめとした交通系ICカードも利用できるのが通例です。1) ただし、これは本当に「使える」だけで、車内チャージもできなければ特典ポイントが付くこともありません。ましてやICOCAを用いた定期券を取り扱ってくれるなんて、到底考えられない話です。2)

そういったことを考えますと、松江市交通局や一畑バスの導入事例は、思いのほかICOCAの方に振り切っているように感じます。

他方、地域独自のICカードの新規発行および運用にかかわるコストのことを考慮すると、今回の措置の方が2業者にとっては良い選択という感じもします。独自となれば、運用から管理まで、全て地域限定で何とかやっていかないといけません。一方、交通系ICカードとなれば、各業者に運営管理を一任できる、というメリットはあります。

他の例をあげますと、滋賀県の一部区域で運用されていた近江鉄道バスICカードが、今年の3月末でサービスの提供を終了し、ICOCA等へ完全に切り替えとなっています。「独自のICカードを運用するくらいなら交通系ICカードに切り替えてしまった方が」という業者が出てきているというのも、地域交通の生存戦略なのかもしれません。

ともあれ、今後、松江や出雲のバスが格段に利用しやすくなるのは間違いありません。また、既報通り、島根県共通バスカードも引き続き使用可能ということですから、状況に応じて交通系ICカードと併用してみるのも良いでしょう。

脚注

脚注
1 ただし、岡山ではなぜか例外がありますが、当記事では取り上げません。
2 ちなみに、香川県は全域においてJR四国の管轄ではありますが、一部JR路線において、ICOCA(JR西日本が発行)の利用が可能となっています。

Posted by Y. INABA