「実名による発言には信憑性がある」という文言に信憑性はない

2019年12月29日その他Twitter,樺沢紫苑,ネットリテラシー,SNS,読書

先日、訳あって積ん読にしていた『学び効率が最大化するインプット大全』(樺沢紫苑 著)を読んでいたところ、以下の著述が目に留まった。

 誰が書いているのかわからない記事は、情報としての価値がありません。なぜなら、信憑性の確認がとれないから。著者名、ライター名、サイトの主催者名が書かれていれば、その名前で検索すれば過去の実績や口コミはすぐにわかります。
 本名で記事を書いている人は、嘘を書けば現実での名声に傷がつくので、責任のある文章を書く確率が高い。匿名やハンドルネームの人は、嘘を書いてもなんのマイナスにもならないので、信憑性は低くなります。

引用元:『学び効率が最大化するインプット大全』(150-151頁)

これは要するに「実名の方が言っていることは信用できるが、匿名の方が言っていることは信用してはいけない」ということである(と私は解釈している)。しかし、およそ20年にわたって、名前や舞台を変えながらネットで活動を続けてきた私からすると、そんなことはまずあり得ない、という思いにしかならない。

 

「ネットの匿名性」は決してノーリスクではない

まず確認しておきたいのが、「匿名ならば何でもウソやデタラメを書いて良い、とは限らない」ということ。

いくら匿名だからと言っても、殺害予告をしたからということで、保存されていたIPアドレス等が根拠となり、書き込みをした本人が逮捕された事例は枚挙に暇がない。

また、自分の犯した失言や不法行為等がもとで、過去に公開した写真や発言等から身元や実名を割り出されてしまったケースも数多い。

さらには、過激な発言を多く発していた匿名ブロガーが、荒らし行為を行いつつ一方的に恨んでいた人によって殺害されてしまったのは記憶に新しいところだろう。1)福岡IT講師殺害事件 – Wikipedia

こういったところから、「どんな場所であれ、完全な匿名性が担保されているとは言い難い」ということだけは言える。言葉を換えれば、たとえ匿名であっても、他人にひどく迷惑をかけるような真似だけはするな、ということだ。

 

実名で書くときのリスクを理解しよう

最近、愛知県豊田市の元市議が、常磐自動車道における「あおり運転殴打事件」において、事件とは無関係の女性を関係者として仕立て上げた内容の発言をSNS上で拡散した、ということが大きな問題となった。2)実名で「拡散希望」したらデマだった… 余計な義憤を抱く愚 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

この件については、後日、本人がきちんと謝罪をしたから良いのではないか、とする向きもあるのではないか。しかし、当該の拡散行為が軽率であったことは否定できないし、何よりこの行為自体を取り消すことは不可能となっている。

実名で発言すると怖いのは、この「取り消せない」というところだ。匿名ならば、よほど過激な発言でもしない限りは、名前さえ変えてしまえば、自分の犯した過ちをなかったことにすることができる(もちろん猛省はすべきだが)。しかし、実名でやらかしてしまうと、「ああ、あのひどいことを言ったあの人ね」というようなイメージが紐付けされてしまい、下手をすると二度と社会の表舞台に立つことが不可能となってしまう。当記事の趣旨からは少しずれるが、過去に「バイトテロ」を犯した当の本人が悲惨な人生を送る羽目になってしまったのは、良い教訓とすべきだろう。3)冷蔵庫に入りバイト先を閉店に追い込んだ学生 人生に悩み中|NEWSポストセブン

匿名ならば、失敗したときのリスクはそれほどでもないから、あることないこと言えてしまうのは確かだろう(しかし、上にも書いたように、決してノーリスクというわけではない)。しかし、実名であるならば、一度失態をしてしまったというだけで、そのときの悪評ばかりが出回ってしまうので、リスクがあまりにも大きすぎるのだ。

そういうリスクがあることを理解した上で、「実名である分、責任のとれる発言しかしない」という自制をする人はいるだろうけれども、世の中、そういう人ばかりではない。上の元豊田市議の事例もそうだし、例えばデヴィ夫人が無関係の女性を某自殺問題の関係者として仕立て上げた文章を写真付きで書いたのも大きな問題になった。4)【衝撃事件の核心】裁判所に「非常に軽率」と指摘されたデヴィ夫人…ブログで「大津いじめ自殺」にモノ申し、アクセス急増も掲載写真は無関係な女性(1/4ページ) – 産経WEST 何より、実名だからといっても無責任なことをたくさん言っている人はいくらでもいる(ウソだと思うならば、一度Facebookを見てきてほしい。あそこでもデマが拡散されるのは日常茶飯事だ)。

 

情報の「信憑性」に匿名も実名も関係ない

情報の「信憑性」を判断する上で重要なのは、何よりもまず、必要な手続きを行っているかどうかだ。データを示しているのならば出所を明らかにすべきだし、引用元や根拠を明示するなんていうのは、やって当たり前のことである。そして、何より大事なのは、他人を侮辱したりレッテルを貼り付けたりする発言は厳に慎んでおく、ということだ。そして、万が一、虚偽の情報を載せてしまったならば、すぐに謝罪をすることが大事である。

匿名であっても、このようなことを遵守している方ならば尊敬に値する一方、実名であっても、守れていない人であるならば信用することができない。すなわち、日頃の行いが物を言うのであって、「信憑性」に匿名か実名かは全くもって関係がない。

第一、仮に匿名であったとしても、ハンドルネームを採用している人であれば、活動期間が長くなればなるほど、過去の実績や口コミなどというものはすぐに見つかる。5chのような「名無しさん」であれば区別はつかなくなるが5)5chでも、最近では一部スレッドで「強制コテハン」(通称「ワッチョイ」)が導入されている。方法は知ってさえいれば「スレ立て」時に誰でもできる。、「ハンドルネーム」にはこのような効能も(一応だが)あるのだ。

 

匿名でやるか実名でやるかは、各々が判断すべきこと

もちろん、上で述べてきたことどもは、インターネット上での活動を実名で行うということそのものを否定するものではない。実名を採用する面でも、ネットとリアルの評価が直結しやすいというメリットはある(ただし、このメリットはデメリットに転化しやすい、というのは上からもお分かりだろう)。匿名であれば、リスクは小さい一方、ネットとリアルの評価が一致しにくいという問題はある。

こういったメリットやデメリットを天秤ではかって、実名をとるか匿名をとるか、どちらの方が自分にとって相応しいかを考えるのが妥当ではないか。少なくとも、「実名でやっていない人は、みんな卑怯者」「実名でやっているのは売名行為が目的」などと言ってレッテルを貼り付けることだけはしないようにしたいものである。

私自身は、いざ失敗したときのリスクが自分にとってあまりにも大きいものだから、約20年間ずっと匿名で活動を続けている。これこそが自分に相応しい「自制」の形だと思っている。何でもかんでもオープンにして良い、とは決して思っていない。

 

以上のような私の文言を見て、「ああ、所詮匿名の言っていることだからな、信用に値しない」と思う方がいらっしゃるならば、その方は私とは意見が合わないということであろう。人間誰でも意見が合うとは思っていないし主義主張も異なっているはず。それはそれで、致し方ないことだ。

 

全体としては良い本だが、件の著述は本当に残念

最後に、冒頭に紹介した本自体の感想を少しだけ。

前に紹介した『アウトプット大全』(同著)の流れをくんでおり、全体としては本当に良い本だと思う。少々自己アピールが強いと感じはするものの、自分の知らなかった情報収集法を知ることもできたし、何より「アウトプット前提でインプットをする」という視点を得られたのは大きい。『アウトプット大全』の出来が良すぎたこともあってか、この本で少々落差を感じたのも確かではあるのだが、価格相応の価値は十分あると思う。

それだけに、冒頭にあげたような、「著者の憶測に基づいたとしか思えない文言」があったのは、本当に残念である。本当に大事なのは情報の真偽を自ら吟味する能力であって、「実名で言っているから正しい」「匿名で言っているから信用できない」などというのは、名前だけで情報の真偽を判断しているに等しい行為で、一種の思考停止状態とも言える。

 

くれぐれも、この記事をご覧の皆さんは「この人の言っていることは全て正しい」などという思い込みを起こさないように、情報に対する「嗅覚」を常日頃から鍛えていただきたい。それさえ心がけてくだされば、筆者冥利に尽きる。

Posted by 稲葉 大和