【写真】出雲市駅南口、赤川沿道の桜並木

風景花見,出雲市

全国で続々と桜の開花宣言が出ているが、出雲市内の各所でも、桜が見頃を迎えている。出雲市駅南口の赤川の沿道でも、例年と変わりない光景を見せてくれている。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の拡大もあって、今年は盛大に花見パーティーを開くムードではない。とは言うものの、桜の花は、そんな感染症のことなど知ったこっちゃない、とでも言わんばかりに咲き誇っている。

こうして桜の木を通りすがりにちらりと見るだけでも、束の間の安らぎにはなるだろう。この貴重なひとときをこそ、今は大切にしたいし、そうしなければならないのではないか。そして、願わくは、来年こそは花見パーティーを開くなり、参加するなりしたいものである。

来年はいったいどうなっているだろうか、「COVID-19」による混乱が収束していれば――そんなことを思いつつ、今日この日を慎ましやかに生きていくしかないのだろう、当分の間は。

 

桜並木にも、街中にも、来年以降、いつもどおりの活気が戻りますように。

Posted by 稲葉 大和