鯖好きにはたまらない!? 鳥取駅前の居酒屋さんにて「純サバカレー」をいただいてきました《鳥取市》

グルメ居酒屋,カレー,鳥取市,鳥取県の話題

「スーパー居酒屋 鳥取だいぜん」にて味わえる「純サバカレー」。サバの竜田揚げが目を引く
「スーパー居酒屋 鳥取だいぜん」にて味わえる「純サバカレー」。サバの竜田揚げが目を引く

少なくともサバカレー愛好家の方ならば、是非ともご賞味いただきたい逸品。

概要

鳥取駅前にある「スーパー居酒屋 鳥取だいぜん」店舗入口付近の様子
鳥取駅前にある「スーパー居酒屋 鳥取だいぜん」店舗入口付近の様子

JR鳥取駅の北口から徒歩で3分程度のところに「純サバカレー」なる一風変わったカレーライスを提供している店があります。「スーパー居酒屋 鳥取だいぜん」というところです。

サイズはレギュラー(880円)と大盛り(1,100円)の2種類があり、大盛りについてはライスや鯖の量が増えているようです。また、使用している塩鯖は鳥取由来であるとのことです。1)

このお店は昼から夜まで営業していますが、この「純サバカレー」の注文については特に時間制限はありません。なので、夜間に訪問しても気軽に注文できます(ただし、仕込みの具合で断られることがあるようです)。

実績十分の「純サバカレー」

この「純サバカレー」、2019年に神奈川県横須賀市で開かれた「よこすかカレーフェスティバル2019」の人気投票において第3位に入り、「カレーマスター賞」に選ばれているとのこと。当該フェスは全国から52団体が競い合っていたというだけだって、堂々たる実績です。

7回目となる「全国ご当地カレーグランプリ」には、全国52店が参加。来場者投票により、「北本トマトカレー」(埼玉県北本市)がグランプリに輝いた。2位には「富良野オムカレー」(北海道富良野市)、カレーマスター賞に「純サバカレー」(鳥取市)が選ばれた。

引用元:横須賀カレーフェス、126店がブース出店 過去最多の6万5,000人来場 – 横須賀経済新聞

ちなみに、このカレーフェスは、新型コロナウイルスの影響もあって2020年および2021年の開催が見送られています。ともあれ、「純サバカレー」の来年以降の飛躍に期待したいところです。

早速いただいてみました

「純サバカレー」拡大写真。竜田揚げに差されてある旗や色とりどりの野菜が目を引く
「純サバカレー」拡大写真。竜田揚げに差されてある旗や色とりどりの野菜が目を引く

とりあえず今回はレギュラーサイズを注文しましたが、それでも結構なボリューム感があります。

大ぶりの鯖の竜田揚げはもちろんのこと、「とっとりご当地カレー食べてきました」と書かれてあるミニ旗、あるいは色鮮やかな野菜の数々も良いアクセントになっています。あと、写真では分かりづらいですが、鳥取名産のらっきょうも後ろの方にきちんと乗っています。

まずは竜田揚げ。脂ののった鯖の旨味が、店独自のカレーソースとよく絡み合っております。これだけでも、至福のひとときを味わうのには十分すぎるくらいです。もちろん、これをおかずにすればご飯が進むことも間違いないと思います。

次にカレーソース。決して辛くはありませんが、まろやかな味わいの中にピリリとした辛さが加わっており、食べやすい仕上がりになっています。スパイスの辛味が苦手でなければ、どんな方にでもおすすめできるものです。

野菜についても柔らかく茹でられておりますので、食べるのに特に苦労はしないと思います。

全体としては、値段の割にはかなり満足できる一皿という印象です。もし近場でしたら、何度でもリピートしたいくらいですね。

お酒目的でなくても気軽に立ち寄れるお店

今回立ち寄った「鳥取だいぜん」では、このカレー以外にも定食や丼ものが豊富に用意されており、ランチメニュー以外であれば夜でも注文することができるようです。

なので、お酒の匂いに抵抗がないようでしたら、出張や旅行の最中に食事のために立ち寄るのも良いと思います。鳥取のご当地メニューも用意されておりますし、カレーを食べる気分でなくてもリピートしたくなるお店ですね。

ともあれ、ご馳走様でございました。また近いうちに更なるご縁がありますように。

脚注

脚注
1 なお、代表的な塩鯖の産地として知られる鳥取市の酒津(さけのつ)では、サバを塩漬けするにあたって伝統的な手法があるそうで、およそ100年の歴史があるとのこと。【関連】至福の鯖百選[7] 塩鯖の聖地・鳥取発 元気になれる「最強のサバ食堂」|おとなの週末

Posted by Y. INABA