ボリュームたっぷりのポークステーキセットが1,000円ポッキリ! 「ニクバルダカラ松江店」のランチセット《松江市》

グルメ居酒屋,焼肉・ステーキ,松江市,島根県の話題,食レポ

肉系居酒屋「ニクバルダカラ 松江店」の店頭に掲げられたランチメニュー(松江市)

美味しいトンテキが、お手頃な価格でいただけます。

概要

JR松江駅北口から徒歩5分程度、朝日町の一角に位置している「ニクバルダカラ 松江店」。

この店はもともと夜間帯のみの営業でしたが、いつ頃からかランチメニューの提供も始めていたようです。開店は11時30分からで、ランチのラストオーダーは15時30分とのことです。また、夜間帯同様、定休日は日曜日のみとなっています(祝日や振替休日は営業予定だそうですが、念のため事前に問い合わせることをおすすめします)。

ランチメニュー

「ニクバルダカラ 松江店」のランチメニュー。豚と牛の2種類が主役の定食メニューが中心となっている

上の写真にある通り、ランチメニューは定食セットのみです。メイン以外の変更はできませんが、セットドリンクとして黒烏龍茶やビールだけでなくグラスワインもいただけるのは、この店の特色がよく出ていると思います。もともとがお肉系のバルですからね。

セットのメインとして選択できるのは、三元豚のステーキや島根産牛肉のステーキとなっています。豚と牛の盛り合わせにも対応している他、豚のみ2枚組での注文もOKのようです。

また、ご飯やお味噌汁のお代わりが無料でできる他、お肉のお代わりも追加料金にて注文可能なので、たっぷり食べたいときにも融通が効きそうですね。

早速豚ステーキのセットを注文

ニクバルダカラ松江店が贈る「豚ステーキセット」。これがたったの1,000円である

今回は、ごくごくシンプルに「豚ステーキセット」を注文することに。メインは180gもの三元豚のステーキとなっており、目を見張るほどのボリュームですね。

ただし、ステーキはサイコロ状に切り分けられており、なおかつ柔らかくなるように調理されています。そのため、意外と食べやすいです。もちろん、お肉の味は言わずもがな。

さらに、調味料もあらかじめ備わっています。ペースト上の辛味噌、みずみずしい山葵おろし、そしてポン酢と、色々な風味でお肉を味わえます。もちろん、何もつけずにそのまま食べるのも良いです。

こういった鉄板のステーキで、ご飯がすすまないはずはありません。箸をつけてから最後の一口まで、終始満足できるランチだったように思います。

「ニクバルダカラ松江店」の三元豚ポークステーキ(180g)

今後について

今度行くときには、牛肉の方を是非ともいただいてみたいですね。あるいは、夜間帯に、ビールやワインを片手に、様々な肉料理を堪能するというのも、良いかもしれません。

また、鳥取市や倉吉市にも同系列のお店があるそうなので、こちらも忘れずにチェックしたいものです(ただし倉吉の店舗は記事の公開時点で休業中とのこと)。

ともあれ、今回もごちそうさまでございました。また近いうちに再度のご縁がありますように。

Posted by 稲葉 大和