岡山駅前の「小豆島ラーメン HISHIO」にてランチセットをいただく

2019年11月2日グルメラーメン,岡山県岡山市

「小豆島ラーメン HISHIO 岡山駅前店」店舗外観
「小豆島ラーメン HISHIO 岡山駅前店」店舗外観

先日、岡山駅前のラーメン屋の定番として名高い「小豆島ラーメン HISHIO」に久々に立ち寄ってきた。

このラーメン屋、岡山市に在住していたときには幾度となく足を運んでいたものだけれども、出雲に移った昨今はめっきり行かなくなってしまっていた。そのため、店内に入ったときから、どこか懐かしい気持ちが込み上げてくるのである。

 

いつの間にか始まっていたランチメニュー

さて、今回はお昼頃の訪問ということもあり、「ランチメニュー」のBセットを注文することとした。価格は930円(税込)。

「小豆島ラーメン HISHIO 岡山駅前店」ランチメニュー
「小豆島ラーメン HISHIO 岡山駅前店」ランチメニュー

これは一体いつ頃から始まったのか分からないけれども、とりあえず注文できるうちにやっておこう、と思ったまでである。

 

醤そば:小豆島をまるごと味わえる一杯

この店の看板メニューである「醤(ひしお)そば」は、醤油ベースの濃厚なスープに小麦味の濃い細麺が特徴。どちらも昔ながらの良い味わいであり、開店以来、客足が途絶えていないのも頷ける。

ただ、濃厚とは書いたが、決して口に残るほどのキツさではない。むしろ風味が口に広がっては消えてゆく、そんな感じなのである。

スープには小豆島産の醤油とカタクチイワシを用いており、アクセントのもろみ味噌も小豆島産とあって、小豆島の特産品が決してオリーブオイルだけではないことを思わせてくれる、まさに小豆島づくしの一杯である。

 

炙り海苔めし:焼き海苔ならではの香ばしさがご飯によく合う

実は、小豆島は海苔の産業も盛んに行われているのだそうな。ネットで少し検索してみると、佃煮の業者などがすぐに引っかかる。

そんな小豆島産の海苔をふんだんに用いた「海苔ご飯」、美味しくないわけがない。炙った海苔にホカホカのご飯、ほんの少しだけかかった甘めの出汁。全てが見事にマッチしている。

もちろん「醤そば」のスープをかけていただくのも良い。いわゆる「替飯」として利用するのもアリだろう。

 

替玉は無料、頼み放題

何より嬉しいのが、この店においては「替玉」が無料である、ということ。ファミレスのドリンクバーと同様にラーメンを一杯注文したお客さんに限られるものの、美味しい細麺をいくらでもいただけるのは至福の一言。

ただし、替玉の注文は計画的に。食べ切れずに顰蹙を買ったり、食べ過ぎて動けなくなっても知らない(苦笑)。

 

今度行くときは、また別のラーメンでも注文することとしたい。ごちそうさまでした。

Posted by 稲葉 大和