およそ8ヶ月ぶりの「鉄板焼 藤増」で絶品ロースステーキなどをいただく《出雲市》

2019年10月27日グルメ居酒屋,焼肉・ステーキ,出雲市,島根県の話題,島根グルメ,しまね和牛

「鉄板焼 藤増」店舗外観

先日、何だかもやもやした気分になりまして、私としては珍しくヤケ酒したくなり、とりあえず久々に「鉄板焼 藤増」に立ち寄ってみることとしました。題名通り、以前に立ち寄ったのは今年の2月頃、およそ8ヶ月ぶりのことです。

前回のレポート、店の概要などは以下の記事にある通りですので、この記事では割愛します。

 

2,000円を超える価格の「ロースステーキ」

今回の注文の中でも特筆すべきなのは、2,000円を超える価格で提供されている「ロースステーキ」でございます。

地元の和牛を使用しているということもありまして、質はとんでもなく良いものです。口に入れた瞬間にとろける味わいで、絶妙な霜降り具合が感じられます。お酒やご飯が進むことは疑いようもありません。

実のところは、このロースを遥かに超える値段でサーロインなども販売されているのですが、今回は一人飲みであることもあり、さすがにそこまで出すことはできませんでした(苦笑)。

 

地元の豚肉が使用された「厚切りベーコン」

知る人ぞ知る出雲名物、それが地元の豚肉を使用した厚切りベーコンです。

ベーコンならではのジューシー感が味わえるのはもちろん、ベーコン1枚1枚が結構な厚さで、歯応えもしっかり感じられます。1枚口にするだけでも至福というものでしょう。もちろん、お酒のお供にも最適な一品です。

 

締めにピッタリ、新鮮卵を使った「卵かけご飯」

酒席の締めとしては定番のご飯もの。せっかくの畜産農場直営の店なのですから、ここは卵かけご飯をいただきたいところです。

卵かけご飯は極めてシンプルであるが故に、ご飯と生卵、両方の質が問われるものですよね。この店のものはどちらも良質で、一杯いただくだけでもかなり幸せな気持ちになれること、間違いありません。気分が高揚したまま店を後にすることができることでしょう。

 

ちなみに、この店にはラーメン等もあるようなので、今度立ち寄ったとき、気が向いたら注文することとしたいものです(いつになるかは分かりませんが)。

ともあれ、今回もごちそうさまでございました。

Posted by Y. INABA