【特集】鳥取県内の喫茶店「すなば珈琲」について

2019年7月13日特集,グルメカフェ・喫茶店,すなば珈琲,ご当地キャラ,出雲大社,動画あり記事,出雲市,米子市,境港市,鳥取市,トリピー,道の駅,持ち帰りグルメ

この記事では、鳥取県内の喫茶店「すなば珈琲」について簡単にまとめることとする。

 

「すなば珈琲」の特徴

  • 鳥取県発の、喫茶系のチェーン店。運営元は、鳥取県東部を中心に飲食店を展開している「ぎんりんグループ」。1)参考:すなば珈琲が東北に出店 「鳥取限定」を変えた理由:朝日新聞デジタル
  • 「スタバはないけど砂場ならある」というダジャレが店名の由来だとか(ちなみに現在は鳥取県に何店舗かスターバックスが存在する)。
  • 「鳥取県についてラジオ番組で問題提起をした」というところから、マツコ・デラックスに敬意を評しているらしい。鳥取砂丘コナン空港店では、現在もなお感謝のメッセージを掲示している(旧鳥取駅前店にあったのと同じもの。3ページ目を参照)。
  • 珈琲メニュー以外は店舗によってまちまちで、専門店顔負けの海鮮丼を提供する店舗もあれば、普通の喫茶店程度の品数しかない店舗もあるため、実際に行く際はメニューの事前調査が必須。
  • 鳥取県・島根県のお土産物屋で売られている「すなば珈琲」ブランドの菓子類は、基本的に実店舗内では入手できないと考えて良い。ただし、「道の駅 神話の里白うさぎ」においてオフィシャルショップがあり、菓子やグッズ等を購入することができる(3ページ目を参照)。
  • 鳥取市はコーヒーの購入額が日本一であった時期もあったのだが、これはすなば珈琲の運営元の取り組みによるところが大きいようである。2)運営元曰く「ついにやりました。」 参考:鳥取市がコーヒー購入額で日本一に | すなば珈琲

 

主なメニュー

以下に紹介するメニューは、一部店舗では販売していないことがある。事前に確認しておくこと。

 

砂焼きコーヒー

コーヒー豆の焙煎時に鳥取砂丘の砂を使用しているという、「すなば珈琲」ならではの一杯。普通のブレンドコーヒーよりも香ばしさが強調されているのが特徴。

 

キャラメルウインナーコーヒー

キャラメルシロップのかかったホイップに、程よい甘みのあるゴーフレットを添えて。見た目も味も大満足の、オススメの一杯。(アイスも販売されている)

 

すなばパンケーキ

これでもかと盛られたフルーツに、大量のクリームが乗っかった、「インスタ映え」すること間違いなしの特製パンケーキ。一人でガッツリ行くのも良し、シェアして食べるも良し!

 

もさ海老サンド

地元の特産品「もさ海老」をペースト状のミンチカツにして、ホットサンドとして販売されているもの。決してしつこくない、ほのかな甘みのある味わいが特徴。

 

脚注   [ + ]

Posted by 稲葉 大和