米子発の二郎系ラーメン店「笑福 鳥取店」に行ってカレーラーメンをいただいた

2019年7月6日グルメラーメン,二郎系ラーメン,笑福,鳥取市

先日、鳥取県においては貴重な二郎系ラーメンの店を発見したので、とりあえず立ち寄ってみることにした。米子に本店がある「笑福」というところである。

 

店舗概要

この店舗は、鳥取駅から車で15分ほどのところにある。駐車場も店内も広く、割と入りやすい店舗だ(同じ駐車場内にコミックバスターやau代理店もあるので、これらを目印にするのも良い)。

家族連れを意識しているのか、メニューは二郎系にしてはかなり幅広い。味噌やカレーなど色々なスープが選べるほか、普通の太麺の他に細麺を選択することもできる。細麺の場合、麺の量が少なくなるので一応注意すること。

 

注文したもの:「カレーラーメン 豚入り」

今回注文したのは「カレーラーメン」のチャーシュー増し(豚入り)。見ての通り、カレー風味のスープが特徴の一杯だ。とは言っても、カレー「風味」にとどまっており、カレーうどん等で使われるほどの濃さではない。むしろ薄めと言っても良いだろう。

チャーシューは割と柔らかめで、あっさりと食べきれる。脂身が気にならなければ、増やしても十分に問題がないように思った。

トッピングについては、他の二郎系の店舗と同じように、野菜や背脂などの増量は無料でできる。そして、なんと言っても目を引くのが、かつおぶしのトッピングだ(こちらも無料で増やせる)。山盛りにしたらどんな感じになるか少し気になったが、今回は通常量にとどめることとした。

最後に、全体の味そのものについては、よくある二郎系といった感じで、あまり新規性はない。ただ、二郎系を味わいたいだけなら、この店でも十分に間に合うだろう。

 

余談

公式サイトをご覧になればお分かりの通り、この店は、開業支援と称したチェーン展開(暖簾分け)を行っているようで、鳥取県の他、大阪市内にも何店舗か構えている。

公式情報はないものの、おそらく、以前当ブログで紹介した「梅田店」もそのうちの一つだろう。

Posted by 稲葉 大和