2020年迎春のご挨拶・本年の目標

2020年1月1日日常生活目標

姫路駅構内にある、姫路市イメージキャラクター「しろまるひめ」の2020年迎春広告

皆様、あけましておめでとうございます。本年も「いちごいちえ」をよろしくお願いいたします。

 

早速ですが、私の本年の目標を2つほど書いてみたいと思います。

 

まず1つめは、やろうと思っていた勉強や本に少しずつ手を付けていきたい、ということです。特に、英語に関して言えば、全然出来ていないのが現状で、さすがにこのままではまずいです……。TOEICだけは、今年中に一回でも受けるようにしたいですね。

前年は私生活がかなり慌ただしい一年で、山陰や関西を中心に、様々なところへと遊びに行ったりもしておりました。その分、あまり勉強ができなかったのが心残りでした。だからこそ、今年はいくらか時間的な余裕を作り出してでも、毎日少しずつ勉強できるようにしたいところです。

そのため、このブログの更新頻度は、去年に比べますと、少し落ちることになりそうです。自分の楽しみにばかり時間とお金を使うわけにもいきませんし、今の仕事もいつまで続けられるか分かったものではありません。少しは知識や知恵、技術などを身に着けて、自分の身を固めておかないと、とも思っておりますので、その点はご了解くだされば幸いです。

 

それと、もう一つ。常に余裕ある振る舞いを心がけたいです。

去年や一昨年は余裕のない状況が続いていたこともあって、精神的にもかなり参っていました。しかし、去年の暮れ頃には不安要素もあらかたなくなりまして、余裕を築き上げるのに十分な土台は出来上がったと思います。ですから、これからは慌てふためくことなく、常に冷静な面持ちで余裕ある言動を心がけるようにしたいです。

そのためには「余裕ある言動とは何か」という根本的な問題に取り組まなければなりません。ただ、一つ言えるのは、「慌てる乞食は貰いが少ない」という諺は常に肝に銘じておく必要があるのではないか、ということですね。去年は性急に動いて損をする場面がいくつかありましたので(どれとは言いませんが)、「早くやれば良いというものでもない」ということだけは意識する必要があると思うのです。

 

これら2つの指針をうまく遂行できるかどうかは分かりませんが、できる限り、心に留めておきたいと思います。

Posted by 稲葉 大和