今年(2019年)のゴールデンウィークの過ごし方について

2019年3月28日日常生活

今年は5月1日が祝日となるにあたって、4月27日から5月6日までの10日間が休日となっているところもあるかもしれない。実際、私の職場もそんな感じで、結構長い休みが付与されることが決まってしまったので、いったいどう過ごしたら良いものか、現在思案しているというところ。

例えば、丸10日間、ずっと勉強漬け、作業漬けになるのも良いかもしれない。しかし、一週間以上もの間、同じ生活スタイルを維持し続けられるわけはない。私はどちらかというと飽きっぽく、つい色々なことに手を出してしまいたくなる性分で、一つのことだけに長期間集中するということがなかなかできないのだ。

なので、やりたいことを少しずつ進めていきながら、所々で気晴らしがてら何かやる、というのが良いのかもしれない。と言っても、大阪や東京に出かけるほどの余裕は今のところないし、仮に行ったとしても、連休特有の喧騒が待ち受けているだろうことは目に見えている。既に慣れてしまっているとは言え、2日や3日、がやつきの中をウロウロするだけでも、かなりの疲労になるだろう。

だからこそ、割とひっそりとしたゴールデンウィークを過ごすことになるに違いない。出雲市街地や郊外、あるいは松江、米子の方に行くことはあるかもしれないが、遠くに出ると言ってもせいぜいその程度だろう。むしろ、今は将来のためにも少しでもお金を貯めておきたいので、なるべく無駄遣いしないように動いていかないといけない(都会に出ると、どうしても無駄遣いしてしまう)。

とりあえず、今からでも、連休中どうしようか考えていきたいと思う。やることがないと退屈してしまうだろうから、何かできることを用意したい。

Posted by 稲葉 大和